書籍販売
 書籍一覧
野口晴哉著作
 野口晴哉著書一覧
ジャンル別
 整体法関係
 体 癖
 育児関係
 潜在意識教育関係
 語 録
野口昭子著作
 野口昭子著書一覧
英訳著書
 英訳著書一覧
細川護熙著作
 細川護熙著書一覧



野口晴哉

整体法関連



-活元運動のすすめ-

 人間は本来、精妙きわまりない生命の自律作用によって生きている。然るに、今日多くの人々は、この生命の働きすら自覚できず、薬物や専門技術に依存しなければ、健康を維持できないかのように思い込んでいる。
 ホルモンを外部から常習的に注入すれば、体内でのホルモン分泌活動は衰えるように、薬物に過度に依存する現代人的傾向は、人間が本来もっている自律能力を、ますます衰弱させているといっても過言ではあるまい。
 著者は、人間の体に具っている自律能力を活性化する必要があるとして、錐体外路系の訓練法である活元運動や愉気法を提唱する。本書では、その実践方法が詳しく述べられている。整体生活入門のための適切な書と言えよう。
野口晴哉著 新書判並製 170頁 定価 540円 本体価格 500円 消費税 40円




 万病の因と言われ、また一方で「たかが……」と軽く見過されている風邪。風邪に対する一般通念からすれば、本書の表題は極めて奇異なものとして映るかもしれない。しかし著者は、独自の観点から風邪は治すべきものではない、経過すべきものであると主張する。人間は心身の偏り疲労が限界に達したとき、それを調整すべく、自律作用として風邪をひくと言うのである。
 著者は、風邪を病理的に捉えるのではなく、謂わば健康の自然法として捉えている。自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいたあとは、あたかも蛇が脱皮するように、新鮮な体になるとする主張は、極めて説得力に富んでいる。
 著者独特の自然観から編みだされた「経過する」というユニークな概念は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考え方を一変させる可能性をもっている。

文庫版サイズの 「風邪の効用」 ちくま文庫 定価630円
につきましては、お近くの書店にてご購入ください。
野口晴哉著 B6判 上製218頁 定価 1,944円 本体価格 1,800円 消費税 144円




 「心を一ヵ処にずっと集注して、その密度が亢まると、気の感応が行なわれます。手を当て、気を集注すると、それに応じて相手の内の力が発揚されることを感応と言います。積極的に下腹に息を吸い込んで、手から吐くような気持で相手の中に気を送るのを愉気と申しております」(本書 「愉気について」より)
 著者が、長年の間、整体協会の会員を対象に行なっていた愉気法講座のうちから、昭和45年5月の講義を収録したものである。
 本書は、愉気についての講義に加え、愉気法講座で行なわれた受講会員との質疑応答が多数収められており、愉気と、その活用法、さらに健康生活の原点が、身近な事例を引用しながら、判りやすく、極めて具体的に教示されている。
野口晴哉著 愉気法 1 A5判 並製 200頁 定価 1,944円 本体価格 1,800円 消費税 144円




 「心を一ヵ処にずっと集注して、その密度が亢まると、気の感応が行なわれます。手を当て、気を集注すると、それに応じて相手の内の力が発揚されることを感応と言います。積極的に下腹に息を吸い込んで、手から吐くような気持で相手の中に気を送るのを愉気と申しております」(本書 「愉気について」より)
 著者が、長年の間、整体協会の会員を対象に行なっていた愉気法講座のうちから、昭和45年5月の講義を収録したものである。
 本書は、愉気についての講義に加え、愉気法講座で行なわれた受講会員との質疑応答が多数収められており、愉気と、その活用法、さらに健康生活の原点が、身近な事例を引用しながら、判りやすく、極めて具体的に教示されている。
野口晴哉著 愉気法 2 A5判 並製 218頁 定価 2,160円 本体価格 2,000円 消費税 160円




 人間は誰もが元気に生きる力を裡にもっていることを自覚させ、自分の体の構造に従ってその力を発揮するよう導くことが整体指導の目的である。
 この書は、整体指導者を志す人を対象にした初等講座をまとめたものであるが、指導者のみならず整体法を修得し、実践する上での基本約な理念を説いた入門の書でもある。
 本書は活元運動、愉気法を具体的に説くとともに、体癖に由来する偏り疲労調整としての整体体操をも併せて紹介している。
野口晴哉著 A5判 上製 274頁 定価 1,944円 本体価格 1,800円 消費税 144円




 人間の体は絶えず変化しているが、その変化の背後に、いつでも調和を目指す動きがある。この調和を目指す自然な動きに即して生活することこそ、溌溂とした健康生活を営む第一の条件であると著者は主張している。この主張は、著者の50年に亙る整体指導活動で、一貫して変わることのなかったものである。
 本書は<汗をかく、眠る、食べる>といった極く自然に行なわれている人間の生理活動を通じて、調和への動き、整体への動きを具体的に解明するとともに、その動きを妨げない智恵と積極的な活用法を説いている。その観察は精緻を極めており、「自分の眼で見、自分の手で触れたものだけを信ずる」という著者の確固とした態度が一貫して息づいている。
 本書の底流にある著者の生命に対する信頼感は、不思議な威力をもって、現代の多くの病める通念を救済するであろう。
野口晴哉著 第1巻 A5判 上製 278頁 定価 2,268円 本体価格 2,100円 消費税 168円




 人間の体は絶えず変化しているが、その変化の背後に、いつでも調和を目指す動きがある。この調和を目指す自然な動きに即して生活することこそ、溌溂とした健康生活を営む第一の条件であると著者は主張している。この主張は、著者の50年に亙る整体指導活動で、一貫して変わることのなかったものである。
 本書は<汗をかく、眠る、食べる>といった極く自然に行なわれている人間の生理活動を通じて、調和への動き、整体への動きを具体的に解明するとともに、その動きを妨げない智恵と積極的な活用法を説いている。その観察は精緻を極めており、「自分の眼で見、自分の手で触れたものだけを信ずる」という著者の確固とした態度が一貫して息づいている。
 本書の底流にある著者の生命に対する信頼感は、不思議な威力をもって、現代の多くの病める通念を救済するであろう。
野口晴哉著 第2巻 A5判 上製 352頁 定価 2,808円 本体価格 2,600円 消費税 208円




 この書は、整体指導者を志す人のために、以前、「人間の探求」「啐啄(そったく)の技術」「出産前後」と題して各々刊行されていたものを一冊にまとめたものである。整体指導に当って、常に、人間の潜在意識を見つめてきた著者の立処が理解できる。
 「人間の探求」では、無意の願望によって方向づけられている人間の心を感ずること、表現された言動に惑わされないことが人間探求の第一歩であると説いている。「啐啄(そったく)の技術」では、ひなが卵からかえる時、ひな鳥の動きに呼応して、親鳥が卵の殻を破るように、その一瞬の機をつかんで指導することが最も大切であると述べている。「出産前後」は、妊娠、分娩という変化を整体の好機として活用するための心理指導の方法を中心としている。
野口晴哉著 A5判 並製 268頁 定価 1,620円 本体価格 1,500円 消費税 120円




 「女と男は、どちらも同じ人間だと考えられているが、整体指導を行なう立場から言えば、それとは違った見方が必要になる」と説く著者が、特に「妊娠分娩のできる時期」と女を限るのは、この時期には男とは全く違う動きをするからである。
 本書では女であることはどういうことなのか、女として溌溂と生きるにはどうあるべきかが、整体指導の実際に即して説かれている。
野口晴哉著 A5判 上製 160頁 定価 2,160円 本体価格 2,000円 消費税 160円